【提言】日本の大学問題を解決したら日本の経済も復活する理由。

ブログ

みなさんこんにちは。
ひですけです。

 

今日は朝から爆弾低気圧が日本列島を襲いましたねぇ。

京都も明け方からすごい風で、

朝起きたら自宅の前の道路もモノが散乱するありさまでしたが、

みなさんのところはいかがでしたか?

 

スポンサーリンク

大学の在り方からみる日本の問題点

さて今日の話題は、 NEWS Picks で見つけた
週刊ゲンダイの記事。


普段はあまりネタにしないゲンダイなのですが、
今回の記事はマトをえているので特別に(笑)

でもこれって前々からいわれていたことですし、
私の経験からいっても思うんですけど、

そもそも今の人って大学入って勉強しようって人、
それこそ滅多にいないじゃないですか?

理系は課題やゼミが大変らしいですが、
文系なんかは、壊滅的じゃないかと思います。

仮に目的持って大学に入ったとしても、
講義つまらないからといって
バイトに合コン、そのついでに課題。

・・・これじゃあ学力も落ちて当然ですよね。


それならいっそのこと、アメリカの大学みたいに

入るのはそれなりの学力でも入れるけど卒業するのは難しい
『出口規制方式』にするほうがいいんじゃないの?
という話なんですが、ここはほんと同感です。


これはあくまで私の個人的感覚の見解なんですけど、

なんか今の時代って大学がファッション的に
なってしまっている気がしています。

いい学校出て良い会社で正社員になれば、
一生安泰って時代はとっくの昔に終わっているのに
親が時代錯誤で夢見すぎなんじゃないの?と思います。

高い学力を求めず、
ファッションになってしまっているなら
大学そのものが陳腐化してしまい、

存在価値を失っていくだけのように思うんですよね。

少子化は国力問題。国力落ちるのに経済対策しても意味なくね?

また、日本の全体的な流れとして、

少子化問題がかなり深刻になってきていますが、
ここまでくると誰が悪い、何が悪いと
言うてる場合じゃないでしょうと思うんですよね。

 

人口って基礎的な国力ですから、
人口が単純に1000人減れば、
食べるご飯も、着る服も、住む家も
純粋に減りますし。

労働人口が減れば
生産力、競争力も当然落ちる。

国力そのものが減ってきているのに、
経済政策やっても意味なくね?なんて思ったりします。

とはいえ、政治家さんはそんなことはどこ吹く風で、
首相は憲法改正云々言うてますけど、
憲法変える云々より、桜いつまでもみとらんで
マジメにシゴトせい・・・と(笑)


給与高くて働かないおじさんおばさんは
企業以外にも国会にたくさんいるので、
これもリストラせなあかんのちゃう?(ぁ

 

※音声入力にしたら、心の声が漏れまくるわ・・・(笑

大学の在り方を変えることで、復活する日本経済。

まぁ、大学に限らず教育ビジネス全体としても
純粋に生徒数減るわけですからね。

 

各校(各社)ともに生き残りかけて必死になっていますけど、
そもそも学生が減るのであれば、
それこそ社会に出てからも必要に応じて
最先端技術なんかを大学で学び直せる仕組みなんかを
もっと充実するべきではないのかなあ・・・と思うんですよね。

 

それに、昨日の記事でも書いたように


経済的な流れからしても
中高年層が大量に世に放り出されようとしている訳ですが、
その対応策は完全スルーされてません?

今のままでは、放り出された中高年層が
そのままニート化するのも、ごく自然な流れ・・・。
なんじゃないかと思うんですよね。

 


ただ、大学を最先端技術などの再教育の場にすることで、
解決できることは多いと思っていて、

①キャリアシフトのカンフル剤

②企業内のしがみつき問題解消

③しがみつき問題がなくなれば雇用流動化

④雇用流動化で給与もあがる→デフレ脱却

⑤しがみつく理由がなくなれば→メンタル疾患減少

⑥ブラック企業は存続できず廃業不可避

パッと書いただけでも
いいことずくめのように思います。

※まぁ、簡単ではないでしょうけどね・・・。

令和の生き方はキャリアアップは自己責任

なんか今日の記事はブログというよりも
妄想ログ的な感じになってしまいましたが、

ここで妄想垂れ流してても仕方ないので、
堅実的なみなさんには、しっかりと先をみて
今のうちから準備しておくことをお勧めします。

例えば、
今後も重要となるであろう職種としてプログラムを勉強するなら
エンジニアだけではなく、営業やコンサルティングなんかも
できるようになりますよね。

TECH::EXPERT(テックエキスパート)さんは
ホリエモンも推薦していて、受講者を泣かさない講座と
就職保証制度が特徴です。
学校と職業紹介サービスがセットになっているので、
プログラムだけ勉強するよりもキャリアチェンジしたい人には
全体的な総合力は強いと思います。
元人材サービスのエージェントの私もおススメするサービスです。

無料カウンセリングもありますので、リンク貼っておきますので
気になる人は一度、チェックしてみて下さいね。

 

学校ではなく直接その道のプロに教わったり、
逆に、何かを人に教えたりすることができるなら、
私も講師登録しているストアカさんは利用者の立場
としてもおススメです。

170種類ものカテゴリーから色んなプロから直接
教えを受けられるので、オフライン講座としては
国内実績は随一です。
また、個人相手ですが、本人確認もあるので、
怪しくはないですよ。

こちらも登録自体は無料なので、
どんな講座があるのか見て回るだけでも意外と面白いです。
良ければチェックしてみて下さい。

 

ちなみに、昨日の記事でも少し触れましたが、
ストアカのひですけの講座はコチラ。
まだ作りたてなので、販売実績はありません^^;

ひですけにレクチャーを受けたいという
奇特な方がおられたら是非ご購入頂ければと思います。
※そんなモノ好きはいない。

ただし、当面は体調のこともあり、
京都エリアだけの開催ですので、予めご了承くださいね。

 

本日のまとめ

①日本の大学制度が極めてヤバい。

②働かないおじさんおばさんは国会にも生息中。

③少子化対策しないと経済政策しても無意味。

④大学の在り方を変えれば日本復活

⑤結論→日本やばすぎるからしっかり勉強しましょう。 

 

 

それでは今日もお付き合い頂きありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。

ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
これからの働き方をリモデルしよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました