仕事したくない?その仕事、幸せにつながっていますか?

[author_box label=この記事を書いた人]

みなさんこんにちは。ひですけです。

 

休みの日が終わりかけになると

あぁ、また明日から仕事だー

 

仕事行きたくないなぁ...と思ったりしませんか?

それでもみなさんが働くのは何のためでしょう?

 

生活のため?

お金のため?

それとも夢を叶えるため?

 

仕事したくない?その仕事、幸せにつながっていますか?

働く理由は本当にさまざまですが、

私は働くということは

『何かを成すべき為の手段』

だと思っています。

 

まぁ、仕事しないで済むならしたくない。

そう思う人も多いと思います。

まぁ私も昔はそう思っていましたし・・・^^;

今はそう思っていないんですよね。

 

でも中には、その目的と手段が本末転倒になっている人が

多いように感じています。

 

どういうことかというと

仕事する為に生きる屍みたいになっちゃってる人、

あなたの周りにもいませんか?

 

こういう人には少し申し訳ないのですが、

その理由は手段と目的が入れ替わってしまっている。

私はそう感じています。

 

本来、生きるっていうのは生まれてから死ぬまでの

人生全体をいうものであり

仕事は確かに大きなウエイトを占めますが、

全部ではなくやはり一部です。

 

それがいつの間にか狂ってしまってる人が

沢山いるように思います。

 

目的と手段が入れ替わると無限ループにハマる。

じゃあ、そもそもなんでそういうことが起きるのか?

おそらくこれが原因だろうと思えるものがあります。

 

それが、受験と就活です。

 

皆さんは将来○○になりたいからこの大学に入りたい。

こんな学校の選び方しましたか?

なかにはそういう人もいるかと思いますが、

多くの人は

自分の偏差値が○○だから行ける大学はココだ!

みたいな決め方してませんでしたか?

 

同じように就活も将来コレやりたいからこの会社を受けるんだ!

って決めましたか?

やはり多くの人はおそらくNoと答えるのではないでしょうか?


福利厚生や給与待遇、休日なんかを選んで

会社探しませんでしたか?

で、その前にもうひとつ。

大学入って必死に勉強した?っていうと

これもNoの人多いのではないかと思います。

 

何が言いたいのかというと、

大学も就職も人生をどう生きるかの為の

手段であるにも関わらず、

入ることそのものが目的化してしまった人が

とても多くいると感じています。

私の周りでもとりあえず大学いく。
とりあえず就職する。

未だにこういった方はとても多くいるように思います。

 

ですので、仕事も生活の為だったり、

または、生活そのものが仕事の為になってしまい、

無限ループにハマってしまっているではないでしょうか?

 

人生を航海に例えてみるとこうなる。

例えば、ある時、船で航海したとしましょう。

 

  • Aさんは東京湾から北海道まで計画を立て航海します。
  • Bさんは特に目的も決めず、遊びのつもりで船を出しました。

2隻の船は最初はいい感じで、どちらも楽しいかもしれません。

ただ、次第に天気が悪くなり、海も時化てきそうです。

 

Aさんは北海道を目指しているので、

天気図と海図を見て航路を決めて

順調に船を進めていきます。

 

一方、Bさんは天気が悪くなってきたし、

とりあえず、これといった目的もないので

港に引き返えそうとするのですが、

特に計画もしていなかった為、準備もしておらず

とうとう海で自分の現在地が分からなくなってしまいました。

 

数日後、Aさんは無事北海道にたどり着きましが、

Bさんは海で漂流し救助を待っています。

 

つまり、人生も目的も計画もないままだと

特にきちんとした準備もしませんし、

どこに行けばいいか、何をすればいいか

迷ってしまうということです。

 

夢なきものに成功なし

幕末を生きた吉田松陰は

 

夢なきものに成功なし

と、有名な言葉を残していますが、その全文は次の通りです。

夢なき者に理想なし、

理想なき者に計画なし、

計画なき者に実行なし、

実行なき者に成功なし。

故に、

夢なき者に成功なし。

どうでしょうか。

 

では、改めて問いますね。

 

あなたはなんの為に仕事をしていますか?

もし、回答が思い浮かばないよという方は

 

  • 何のために生きるのか
  • どんな人間で在りたいのか

 

一度、じっくりと自分と向き合ってみるのもいいかもしれませんね。

 

もしも、漠然としたものも思い浮かばない。。。
わからん~~~!!!」って方は、

私でよければ話を聞いて、一緒に考えることも

やってますので、良ければ活用してみて下さい。

もちろん職務上知りえた情報は守秘義務をもって

秘密厳守いたしますのでご安心を。

http://coconala.com/services/895676?ref=services_ad

幸せな人の心は壊れない。

まぁ、こうは言っていても、成功している人でも

人生の明確な目的なんて決めてないよ!

そんな人はたくさんいると思います。

 

ですので、

私もそういう生き方を前面否定するつもりは

実は全くありません。

 

本人が人生を楽しめて生きているのであれば

なんら問題はないからです。

 

 

では、何故、人生の目標をもったほうがいいと

言うのかといえば、

 

自己実現に向けて日々を活動することで

幸福度は確実にアガるからです。

 

そして、人生を幸福に生きる人は、

そう簡単に困難には負けず、心が壊れにくくなります。

 

幸福度が高い人は自己肯定間が高く強い傾向がある

今まで延べ数千人の人と出会い、私はそう感じています。

 

幸せとは、自己肯定と自己実現も含みます。

幸せになるための活動が、もし仕事であるのであれば、

きっと仕事行きたくないーー!とは思わなくなると思いますよ(笑)

 

人は世の中や他人を変えることはできませんが、

自分を変えることは

考え方を変えて行動することで誰にでも可能なことです。

 

それでは今日も最後までお付き合い頂き

本当にありがとうございました。

 

また、次回の記事でお会いしましょう。

お願い

「これリモ」はブログランキング参加中です。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

また、Twitterのフォローもお待ちしてます♪