BitcoinやFX。投資と投機の違いを理解してる?

更新記事

みなさんこんにちは。次世代働き方アドバイザーの京都のひですけです。

今日はビットコインとか〇〇コインとかFXとか副業に関するお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FXやBitcoinを投資と思ってる人。残念!・・・それ投機です。

ビットコインやFXで「投資」って人。世の中には多いみたいですが、それって投資ではなく投機ですね。
いうなれば、丁半博打、ハイアンドローと変わりません。ま、平たくいえばギャンブルですね。

 

副業にFXとかビットコインとかって、なんかやたらと私にもお誘い頂きますけど、その度にいうのは、「俺、副業ギャンブラーやねん!」って、ドヤ顔でいうてんのと同じやで?恥ずかしないの?(笑)と。

あ、ちなみにギャンブルだと認識してやってあるのであれば、全く問題ありませんよ。私、人の趣味にどうこういうことはしませんので。

 

ただね、人に勧めるなら、最低限それくらいは認識しとくべきじゃないの?って思うんですよね。

人に損害出させるほど、信頼を失うものありませんからね・・・。

以前、人気Youtuberのヒカルさんという人が、VALUでファンに大損させて、謝罪動画だして自主的に無期限活動停止してましたね。もうすっかり復活してますけど。。。

この動画の中でも本人が言ってますけど、自分たちの知識のなさが問題だったと。そんなに悪いことだと思ってなかったと。

なんでも元ファンのアンチ集団に、実家にまで嫌がらせされたとか。お金は本当に怖いです・・・。

いつも応援してくださっている皆様へ

 

本当かって? プロの意見も同じですよ?

ビットコインやFXは投資でなく投機? - 価格.comマガジン
「ほかの人が儲かっているなら自分も」。そんな安易な気持ちでビットコインやFXに手を出そうとしていませんか? その危険性をガジェット大好きFPが解説します。

 

投資は中長期的にするからうまみがでる。

ま、私がどうこういうまでもなく、投資はある意味、木育てるのと同じで、即金になんてならないのがほとんど。
投資はある意味、ウイスキーやブランデーやワインと同じで、中長期的にお金を寝かすから、それなりにうまみがでてくるものだと思います。

裏を返せば、それだけ金を寝かしておけるか、中長期的な貯蓄的な意味合いがあるもので、明日にでも明後日にでも金欲しい!って騒ぐ人のやるもんじゃあないってこと。世の中そんなに甘くないです(笑)

 

即金でお金が欲しい人は、一番手っ取り早いのは日雇いで働くこと。これは昔も今も変わりません。

※ただし、日雇い派遣は年収500万以上ある人しかできない謎のシステムになってしまっています。。。

まぁ、場合によってはできる可能性もないことはないですが、それもケースバイケースなのでここでの名言は控えます。

資産とは不動産や現金や仮想通貨、有価証券だけじゃない。

また、今の時代、資産というものは、今すぐいくらと評価できるものばかりではなく、将来的にお金を生む可能性があるものですので、現時点ではいくらとはいえませんが、たとえばノウハウだったり、原稿だったり、動画だったりもするわけです。

身近なところでいえば、何かの資格を取る為に勉強することも、自分への投資となりますし、見方を変えればどこかに旅行することで特別な体験をすることも投資です。

これは有価物件に対して、お金を投資しているのではなく、時間を投資したり、体験に対して投資を行った結果であり、値段はつけられないものですが、無価値ではありません。

あとは、自分が得た知識、資格、経験をお金に交換するかの話ですので、有価資産でなければ価値がないというのは誤りかと思います。

例えば、上のヒカル氏からすれば黒歴史となるような恥ずかしい動画かもしれませんが、これもValuをやって失敗した体験を動画にしたということであり、誰かに再生されれば、数円かもしれませんがヒカル氏のお金となるわけですし、プロのブロガーさんが書いているブログの記事も資産といえると思います。

一昔前であれば、こういった体験などは本を出版するなどしなければ、お金にすることは難しかったかもしれませんし、それが売れるか売れないかもあったので、本を出して負債を負ったという人もずいぶんいたと思います。

ですが、今の時代は、誰もが気軽にインターネットにアクセスし、少し勉強すれば、安価なコストで動画やブログを自由に作ることが可能になった訳ですので、自分のもっている情報や資産をマネタイズ(換金)しやすい状態になったということではないでしょうか。

だからこそ、これだけ多くの動画やブログが乱立してきたのだと思いますし、ある意味、やったもん勝ち的な部分はあるのではないでしょうかね?

 

本日もお付き合い頂きありがとうございました。

今回のブログがいいね!と思ったら、フォロー、シェア、RTなどしていただけると嬉しいです。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました