自分嫌いだった私が勧めたい。自分嫌いを治す方法。

ブログ

みなさんこんにちは。ひですけです。

 

みなさんは自分のことが好きですか?

私はかつて自分のが大嫌いでしたが、

今は考え方を変えることで自分のことが好きになれました。

 

今日の話題は「自己肯定感」について。

自己肯定感と幸福度というのは

接な関係にあると思っています。

 

自分が嫌いな人に是非読んでほしい内容です。

幸福度を上げる参考なればと思います。

スポンサーリンク

1.承認欲求が強く誰かに認めてほしいのは自信がないから。

誰かに認めてほしい。

他人への承認欲求が高いということは、

裏を返せば自己肯定感が低く

「自信がない」ということを意味します。

 

また、誰かに支配されるのも

承認欲求を満たされたいという心の裏返し。

依存するから支配される。

 

承認欲求が強ければ強いほど、

他者への依存傾向があり

支配されやすいということを意味します。

 

自分らしく生きたいなら、やることはたった二つ。

①他人と比べない。 見栄や嫉妬が自らを貶める。

他人が羨ましい、妬ましい。

逆に誰かと比べて自分はどうだというのは、

自己承認ができていない証拠。

 

自分に自信がないからこそ、

自分を測る物差しが欲しい。

 

私はアイツより上だ。

あいつに負けて悔しい。

 

このような思考は見栄と嫉妬。

見栄を張り嫉妬の炎を燃やしても疲れるだけです。

また端からみても見苦しいだけで、

余計に自分を貶めている。

それに気づいていないのが、

実は不幸の始まりなんです。

 

②すべては弱い自分を認めるところから始まる。

そもそも他人のことをどうこう言うよりも、

まず自分はどうなのか?と

自分を客観的に見てみませんか?

 

そんなに自分は他人より優れた人間でしょうか?

多くの人の答えはおそらくはNOでしょう。

でも、それでいいのです。

 

むしろ、そうでなければなりません。

 

たとえ、今の自分がどうであったにせよ、

それをまずは認めることから始めます。

 

己の無力さ認め、

それを嘆くのではなく、

今日より明日、明日より明後日と

成長できるように

少しづつでも努力していけばいいのです。

 

まず、そういう視点が身につくと、

他人のことをどうこういう

時間ももったいなくなるものです。

世間知らずのかまってちゃんに使う時間はもったいない。

逆に先ほどの質問に

もしもYESだと答えるなら井の中の蛙。

傲慢な考えに過ぎません。

そもそも、そんなことは何ら意味がないからです。

 

自分の弱さを認められない人は

自分を見失い自分は特別だと勘違いをする。

 

いうてしまえば、努力を忘れたヒマ人です。

おろかなかまってちゃんです。

また、それを誰かに愚痴ったところで、

他人を巻き込み、時間を無駄に過ごすだけ。

悪くなることはあっても決して良くはなりません。

 

ではどうして他人より優れていても意味がないのか?

理由は

あなたが仮に他人より少し力が強かったとしても

多少、頭がよかったとしても、

機械やAIの足元にも及ばない。

 

また、自分の会社で役職や階級が

上だったとしても会社の外ではただの一般人。

世界からみたらただの人です。

 

こんな小さな世界の争いは、

昭和の頃は幾分かの効果はあったのかもしれませんが、

今はインターネットで世界中と情報が繋がり、

技能や知能を競う相手も機械やAIが対象です。

 

その機械やAIに勝つか負けるかの世界で

挑戦しているのであればまだしも

ごく限られた小さいグループで多少優れていても

なんら意味がないことです。

 

また、優れたとか劣っているとかいうのは、

相対的なものであり、絶対的なものではありません。

自分よりさらに少し優秀な人がくれば、

あっという間に崩壊してしまう。

 

まずそれを認識しなければなりません。

 

むしろ、そういうことがわかってくれば、

自分はどうしていけばいいのか?ということに

意識が向いてくると思います。

 

自分らしく生きたいのであれば、

成長しなければならないのは、

他の誰でもなくあなただからです。

 

AIや機械にできないことをしていくには、人間らしさが重要。

先ほど、機械やAIの話をしましたが、

AIにできないことって何だと思いますか?

 

いうまでもなく、

それは人間らしい感情を持つことです。

 

例えば、料理で考えてみるとわかりやすいのですが、

必要な材料、分量、決められた調理時間を調理できる

AIや機械はもうすでにあるそうですが、

その人にあった味付けをできるAIはまだありません。

 

以前、アメブロでこんな記事を書きましたが、

 

これからの時代は人間が人間らしくあることが、

何よりも価値を作っていくことになる。

私はそう考えています。

自分らしく生きるには自分の強みで信頼を勝ち取れ。

自分らしく生きるといっても、

人間は社会性をもった生き物です。

社会の中で独りでは生きていくことはできません。

 

だから、

あなたは成長し、社会に認知され

信頼を得なければなりません。

 

社会から認知され、信頼を得られなければ、

他人から裏切られたり、騙されたりして

苦悩を味わうことになります。

人間の言動はすべて心の表れた姿。

心は善悪は、金持ちも貧乏も関係ありません。

国籍も肌の色も目の色も全く関係ありません。

 

人から愛される人は、

自らも努力し、

人を大切にしているし、

 

人に裏切られるような人間は、

普段の言動を見ていれば、

裏切られるだけのことをしている。

違いますか?

不幸を招くのは、弱くて汚い自分自身。

人には様々な感情がありますが、

ネガティブな感情はネガティブな結果を

ポジティブな感情はポジティブな結果を

もたらします。

昔から情報を集めるなら、

情報を発信すればいいといいますが、

幸福度も実は同じです。

 

幸せには必要不可欠!運を味方につける方法

人生を楽しむには運を味方につける必要がありますが、

運なんて所詮は目に見えないもの。

 

それでもひとつ確実なのは、

自分を大切にしてくれる人には、

やはり感謝もするし、恩も感じてしまいます。

それが人間らしさというものではないでしょうか?

 

人間は一人では生きていけない生き物だから、

人とのつながりを大切にする人は、

人からも支持され、

目に見えないけど人との繋がりが

出来ていくものです。

 

人間は一人では生きられない。

それは、つまり・・・

「自分は一人ではない」ということです。

 

自分には人望がない。

自分は誰からも嫌われている。

もしも、仮にあなたがそう思うなら、

それはあなたが他人にそうしているからではないか?と。

違いますか?

 

人は弱く汚い心を無意識に嫌います。

それが自分になると余計に認めたくない。

自分は悪くないと思いたい。

気持ち的にはわからなくもないのですが、

実はここが落とし穴です。

 

因果応報という言葉があります。

全ての原因と結果は、自分の言動に応じて、

その報いを我が身に受ける。

ということを意味します。

 

ですので、あなたの感じている不快感は

直接的もしくは間接的に、

あなたが意識するしないは別としても

自分が招いたことになります。

 

例えば簡単な例でいえば、

仕事で急いでいたからといって、

不注意で他人を怪我させたら

それはあなたが怪我させたことに変わりありません。

いくら仕事で急いでいたといっても関係ないです。

 

不可抗力はあったかもしれないにせよ、

いってしまえば、それって運がなかったから。

じゃないでしょうか?

 

自分は悪くないと思いたい。

と思う心そのものがマイナス感情を紡いでいる。

自分でやってしまったことをごまかしたい。

弱くて汚い自分を人に見られたくない。

その心は見栄であり、傲慢であり、怠惰なのです。

 

弱くて汚い自分と戦う

ただ、もし仮にそうであってたとしても、

親でも兄弟でも友人でも彼氏彼女やパートナーでも

まだ自分には見方をしてくれる人がいる。

自分を信じてくれる人がいる。

もしもそう思える人がいるのなら、

そんな人たちを昨日よりも

大切にしてあげることからはじめましょ。

 

こんな弱くて小さい人間でも、

自分を信じてくれる人がいると思えるなら

きっと

自分もまだ捨てたもんじゃないと思えるし、

まだ、自分にもできることがあると思えるはず。

 

自身と周囲の人とそれをとりまく環境は

一見、無関係なようでもどこかでつながっている。

 

ならば、毎日、少しづつでもプラスの感情を

自分の中で作っていけばいいのです。

必ず自己肯定感は徐々に上がってくるはずです。

 

幸せとは山のかなたにあるものではなく、

自分の心の中にある。

 

それがわかった時、自分が嫌いという感情も

気が付けば

雲が晴れているように消えていると思います。

 

まとめ

さて、今回もとりとめもなく書いてみましたが、

今回のまとめとしては、

幸せな状態を維持するには

①人と自分を比べない。

自分と他人は別の人間であり、命ですから、

マネようとしても完コピなんかはできません。

②弱く汚い自分を認める。

③マイナス感情をまき散らさない。

④運は増やせる

⑤自己肯定感をあげ、自分らしく生きよう。

 

本日も最後までお付き合い頂き、

ありがとうございました。

 

また、次回の記事でお会いしましょう。

 

ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
これからの働き方をリモデルしよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました