ワークライフバランス重視の人が生き残る方法。

更新記事

前回の記事ではサラリーマンが働き方改革やAI、機械化などに負けないで生き残る方法を紹介しましたが、世の中そんな人ばかりじゃありません。

別に好きな仕事でもないからいいや!って人もいれば、私、パートだからって人もいるでしょう。

でも、まぁ実際、好きな仕事でなくても、パートでも、仕事なくなっちゃったらそれはそれで困りますよね。。。

今回はそんな方にお勧めの仕事術をご紹介できればと思います。

 

↓今回からメニュー作ってみましたw

では、さっそく行ってみましょう。

 

 

何もしない=何もかわらない。

まぁ、当たり前のことですが、何もしないと何も変わりません。減った分は何かしらして補填していかなければなりません。それをどう補填しながら、自分のワークライフバランスを保つかの検討材料にしてもらえればと思います。

もちろん方法論ですので、これ以外にもあると思いますし、実際にありますが、個人的にはあまりお勧めしません。理由はまぁ色々ありますが、人のことを悪くいってもいけませんので、個人的には一番の理由は手間かかりすぎてワークライフバランスどころではなくなってしまうから・・・とだけ言っておきますね。

 

収入を得る方法は4つ!

以前『本業?副業?いやいや、パラレルワークでいいんじゃないの?』という記事でも書いたのですが、収入を得ることが目的であれば、選択肢は4つあります。

これは金持ち父さん貧乏父さんで有名なロバート・キヨサキ氏も言っていることなのですが、収益を得る手段は以下の4つ。

①雇用されて働く[E]、②独立、個人事業主となる[S]、③会社経営[B]、④投資家[I]となります。

特徴としては[E]と[S]は労働収入となります。もちろん働いた時間に対しての収入となりますので、働く時間が限られた副業ではあまり効率がいい働き方とはいえません。ただ、ちょっとしたコツで時間をコントロールできる工夫はアリかもしれません。

[B]to[I]は権利収入となりますので、何かしらの権利を買ったり、モノをつくって著作権や印税などなどがふくまれます。

イメージ的には労働収入はお金の為に働き、権利収入はお金を使って、資産を増やすことだといいますし、労働収入だけではこの先のサラリーマンは厳しくなると私も思っているので、何かしら小さいながらも権利収入とのハイブリッド化が理想かと思います。

実現可能な副業の種類。

バイトする。

これが一番、ポピュラーで多くの人がやっていることです。

正社員でも派遣社員でもアルバイトでもパートなど雇用形態は異なっても給与所得という面では同じです。

しかし、労働収入となりますので、時間×単価です。もちろん本業がたまたま遅くなってバイト欠勤となると、バイト先での信用問題になりますので、変動的な仕事をしている人にはお勧めできません。

独立する。

フリーランスや医者や士業、コンサルタント、個人事業主など、会社に雇われず、仕事の対価として報酬を得る方法で、何か圧倒的な強みを持っている方にはお勧めな働き方ですが、リアルの活動は副業には不向きな働き方かと思います。

ただ、近年はインターネット上で仕事を受注し、自宅でデザインやコピーライティングなどを仕事にするクラウドワークというビジネスモデルもできてきているので、こちらもやり方によっては、ハードルが下がっているといえます。

起業する。

これは起業の発展形ですね。仲間と一緒に始めたり、従業員を雇ったりできす。いわゆる会社を経営するということですね。

事業収益を得て役員配当や自社株の配当金などで収益化するモデルです。

たとえば、主婦が数万円で起業したルカコという抱っこヒモのカバーのメーカーは、自宅で縫製し、販売や配送はAmazonでとECサイトを使ったいいモデルケースだと思っていますが、今や立派な株式会社です。

ただ、お客さんがいることですから、本業が忙しいからといって放置していては、信用はガタガタになります。まぁ仲間やご家族の方に協力してもらいということもできるので、そういった人向けかもしれません。

数年前から極端な話、1円からでもペーパーカンパニーでもECでの販売もできるので、昔に比べハードルは下がったといえるでしょう。

しかし、まがりなりにも経営となるので、うまくいくか、コケるかはその人次第ということはお忘れなく。

権利収入を得る。

①投資

これはみての通りですが、株式投資や外貨(FXなど)、BITCOINや最近話題のVALUなんかも含まれますね。こちらに関して言えば、ぶっちゃけギャンブルみたいなものですw

②印税収入

例えば、書籍を出版したり、音楽の印税などもこれに含まれます。昔、趣味で小説書いてたとか音楽やってたなど好きなことを形とすることができます。

最近では媒体も電子媒体でネットで拡散することもできるので、アリといえばありでしょう。YouTubeで音楽上げてTwitterで拡散し、音楽サイトでマネタイズすればこの形かと思います。

③権利収入

身近なものでいえば、太陽光発電の商業用のメガソーラーなんかはこれに含まれますし、自分の自宅の脇に自動販売機を設置し、その売り上げを獲得するということもこれに含まれます。

また、大なり小なりの自己投資と投資が必要になりますので、時間といくらかの資金が必要になります。

④収益化したブログやYoutubeへの動画投稿。

最近ではYoutuberやブロガーなんかもこのカテゴリーかもしれませんね。法人化しなくても気軽に始められるのがいいところですし、自分のノウハウを文章なり、動画で伝えることで、収益化させることができるインターネット時代のビジネスモデルでしょう。

自分のペースで無理なくできるものでもありますが、本気でやると時間的投資は結構突っ込む必要があると思います。技術的ノウハウ的にうまくいくかいかないかは、その人次第ですので、最初は誰かに習うことをお勧めします。

あと、最初から収益は上がらないと思います。Youtubeでは最初の10000PVまでは広告料は入りませんし、ブログも開設したてでは、収益化プログラムが乗せられません。

楽しんで続けることで、お金はいるようになっていたわw的なイメージで考えてちょうどいいかと思います。

その他、ポイントサイトなど

まぁ、あとこれは半分余談なのですが、何かやりたいけど、とりあえず元手がない~という人や、月に数万円が・・・という方はポイントサイトなんかもアリといえばアリでしょう。

ちょっとした空き時間にPCも使わずスマホでちょちょいとやっていれば、かなり地味ですが、ポイントがたまっていき、電子マネーや現金などにも換金ができます。

内容的にアンケートや広告、ミニゲームなものが多いですが、ご自身で何か必要性のあるサービスを使いたいときに検索してみてヒットすれば節約にもなります。

※ちなみに私のこのブログのレンタルサーバーもポイントサイト経由で契約しましたが、2000円くらい浮きましたw

なかには15000円(ポイント)以上もある広告もあるので、必要があれば使ってみるといいかもしれません。15000円とかであれば、普通に時間給1000円で働いても15時間分ですので、それを考えたら、多少の手間は楽なもの?かもしれませんね。

あと、できれば無料獲得というキーワードで探すのが、損をしないポイントです。

ガチ勢はこれで毎月10万円以上稼いでいるなんて話もありますが、普通の人は3,000程度~数万円いけばいいところかと思います。

ポイントサイトも色々とありますが、私が知っているところを参考程度にいくつかリンク張っておきますので、もしよかったら興味のある人は登録してみてはいかがでしょう。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

副業が安定してきたら本業にしてもいい。

と、まぁいくつか簡単にご紹介させていただきましたが、無理はせず、自分にできることを選ぶのが成功の道かと思います。

ただ、労働収入は本業の都合や体調が悪くなれば、穴をあけてしまいますし、お年を召した方は体力的な問題もあるでしょう。

個人的には、世の中の役にたつ何かのノウハウをもっているのであれば、ブログやYoutubeあたりは手軽でいいのかな~とも思いますが、収益性という面では少し時間がかかりますので、たちまちお金がいる~という方は手堅くやはりアルバイトか、クラウドワークスあたりが妥当かもしれませんね。

私も会社では人材サービスのエージェントとして活動して、こうして個人的ブログしているのも副業といえば副業かもしれません(私の場合、ブログで儲かるまでいってませんけどw)

いずれどっかの出版社が本出しませんか?なんて言ってくる日が来るかもしれませんし!

こうやってやっていくうちに、上手くいけば、副業を本業にしたり、本業と掛け持ちでパラレルワークしたり、副業を本業化することができるかもしれません。

何もしないと何も変わりませんし、何か始めることによって何かが変わっていくのは真実です。

私は人生の目的は幸せになることであって、幸せになるために働こう。と考えているので、私自身もワークライフバランス重視派といった感じですね。

 

本日もお付き合い頂き、ありがとうございました。

また次回お会いしましょう。

◆お願い
—————-
この記事が面白かった!役に立った!と思ったら、イイね!やシェア、RTなど、応援宜しくお願い致します。次の記事の励みになります♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました